お仕事内容について

顧客の資産や収入、支出や負債の状況、家族構成、将来の展望など様々な情報を聞き取って、最適な資産の運用方法や資産作りなどのアドバイスをする職業です。
保険相談を行っている業者などで「FPが相談に乗ります」などと宣伝していることもあり、保険の専門家と思っている方も多いようですが、
本来、FPは、先述の通り、保険に限らず、資産に関する全般的なアドバイスを行う技能と知識を持っています。
ファイナンシャル・プランニング技能士という国家資格もありますが、日本FP協会などが行っているFPの民間資格もあります。
FPとは、依頼を受けた顧客の人生設計に即した資金計画のアドバイスを行う専門職です。
FPの業務形態としては、銀行や郵便局、証券会社や保険会社といった金融機関や不動産会社などに勤務する「企業系FP(インハウスFP)」と、
自前の事務所を構えて営業する「独立系FP」とに分けられます。
FPは試験制度が整うまでの沿革が複雑であったため、様々なタイプの資格が混在しているのですが、
その主たるものは公的な資格と民間資格とに大別されます。
FPの国家資格としては、1級─3級ファイナンシャル・プラニング技能士があり、
職業能力開発促進法による認定試験機関が試験を実施し、厚生労働省が認定するものとなっています。

▼おすすめのサイト

ここなら指輪のプロポーズが学べる
引用元: http://surprise-propose.jp/ring/
[ 婚約指輪・結婚指輪 ]カテゴリーページを表示しています。
twitter
https://twitter.com/
Facebookはじめませんか?
https://www.facebook.com/

Comments are closed.